AqMesher2は3dsmax 2017 – 2022用のOpenVDBベースのメッシング / VDBデータ編集 / 流体シミュレーションプラグインです。
新しく設計されたノードエディターを通じて、ジオメトリ・パーティクルのメッシュ化、レベルセットフィルター、流体シミュレーション関連などのOpenVDBベースの機能に簡単にアクセス、自由に組み合わせて使用ことができるようになります。
流体シミュレーションは、CUDA GPUによって高速化されます。また、シングルライセンスで無制限のネットワークシミュレーションを行うことができます。

*使用するためには、Nvidia Cuda Toolkit 11.4をインストールする必要があります。


機能

  • ノードベースのUI
  • OpenVDBコントロールノード: ParticleToLevelset / ObjectToLevelset / LevelsetToMesh / Smooth Filter / Smooth Filter SDF / Erode/Dilate / reNormalize / Resample / Transform / Reset Transform / CSG / Fracture / Segment / Levelset Morph / Add Map / LOD / VDB Export / Visualize / Grid Info
  • 入力ノード: Bool / Int / Float / Vector / Random / VecToFloat / Object / Object Listbox / Geometry Obj / Geometry Listbox / Particles Obj / Particles Listbox / Prt File / Prt Listbox / VDB File / Curve Value / Map Helper / 3dsmax Time
  • グリッド合成ノード: Grid Array Marge / Grid Array Split / Particles Marge
  • シミュレーションノード: Add Gravity / Add Force / Add Point Force / Add Turbulence / Add Wind / Add Vortex / Add Attractor / Velocity Diffuse / Grid Smoke Emitter / Grid Emitter Hub / Grid Smoke Solver / Pressure Solver / Grid Advection / Grid Smoke Terminal / Kill Plane / Kill Field / Wavelet Turbulence
  • 数式ノード: Arithmetic / abs / min/max / sqrt / pow / Distance / exp / Pi/e / Trigonometric / log / DegRad
  • Alembicフォーマットによるメッシュデータの出力(ベロシティーチャンネルを含む)
  • Bullet Sphereオブジェクトの出力(Bullet Sphereの出力にはAq Bulletプラグインが必要になります)