ダウンロードするには、ログインもしくは新規登録を行う必要があります

v1.60
– fixed memory leak problem
– fixed UI radio button problem
– internal code clean-up

今後のアップデートやサポートのため、寄付をお願いします。


OpenSubdiv-MPSは非常に高速なOpenSubdivモディファイヤです。
あらゆる場面において、標準のモディファイヤよりも非常に高速に動作します。また、標準の頂点クリースモディファイヤと互換性があり、使用することが可能です。


インストール:

ダウンロードしたzipファイル展開し、maxの各バージョンに対応するOpenSubdiv-MPS.dlmをそれぞれのmaxプラグインフォルダーにコピーしてください。 
3dsmax2016には、Release2015ex1のファイルを使用してください。

ヘルプ:

Subdivision Level:
メッシュを分割する回数。

Render Level:
レンダリング時にメッシュを分割する回数。

Isoline Display:
音になっている場合、元のオブジェクトのエッジのみが表示されます。

Subdivision Type:
Uniform:
面を均等に分割します。

Adaptive:
現在、このパラメータは使用することができません…

Edges and Corners:
全ての境界エッジはシャープなままです。また、境界頂点とエッジコーナーもシャープなままです。

Edges Only:
全ての境界エッジはシャープなままです。境界頂点には影響を与えません。

The following rule sets and options can be applied to facevarying data interpolation
Bi-Linear(None):
Bilinear interpolation (no smoothing)

Smooth(Edge Only):
Smooth UV

Smooth(Edge/Corner):
Same as “Smooth(Edge Only)” but does not infer the presence of corners where two facevarying edges meet at a single face

Smooth(Always Sharp):
Smooths facevarying values only near vertices that are not at a discontinuous boundary. All vertices on a discontinuous boundary are subdivided with a sharp rule (interpolated through). This mode is designed to be compatible with ZBrush and Maya’s “smooth internal only” interpolation.

Propagate Corners:
“Smooth(Edge/Corner)” mode can further be modified by the Propagate Corner flag.

UV Connect:
Opensubdiv is creating separate UV faces. This option follows original UV and connects each faces.

Smooth Crease UVs:
Opensubdiv can not create smooth UVs with Crease effects. This option allow to create smooth UVs with Crease effects.
It is possible to modify the subdivision rules to create piecewise smooth surfaces containing infinitely sharp features such as creases and corners. As a special case, surfaces can be made to interpolate their boundaries by tagging their boundary edges as sharp.
We have to use “weight” parameter for the crease which inside of the Sub-object level of Editable poly.
Crease data is related with Subdivision Levels, When Subdivition level is 3, we get the most sharp result by 3.0 weight number. When Subdiv level is 6, we need the 6.0 for shapest result.

Normal:
No smoothing is applied to creases

Chaikin:
Chaikin’s curve subdivision algorithm improves the appearance of multi-edge semi-sharp creases with vayring weights. The Chaikin rule interpolates the sharpness of incident edges.

Vertex Crease:
このオプションにチェックすると、頂点クリース効果が有効になります。
Override:
このオプションにチェックすると、頂点クリース効果にこのパラメータの数値が適用されます。

Edge Crease:
このオプションにチェックすると、エッジクリース効果が有効になります。
Override:
このオプションにチェックすると、エッジクリース効果にこのパラメータの数値が適用されます。

Smooth Triangles:
このオプションはよりスムースな三角形分割を生成します。

Default(CPU):
このモードはCPUのみを使用します.
TBB(CPU):
このモードはCPUのみを使用しますが、マルチスレッドに対応しています。